地域密着型の携帯ショップの店員て大変ですね

某バンクの使ってないワイヤレスインターネットを解約する為に

地元の某バンクショップに行ったんですけど

携帯ショップの店員て大変だなって思いました。

 

対面の接客は電話とはまた違った難しさというか

適正が必要ですね。

 

自分には無理です。

 

携帯ショップはコンビニ店員のように無愛想なのは

どうやら許されないところだと思われます。

 

ことにわたしが行った店は団地内のショッピングモールにある店

年配の客も多いです。

 

なので、気軽に暇つぶしに雑談しにくるお爺さんや

なぜかiPhoneを買ってしまったお婆さんが来店してました。

 

いずれも店員が捕まってて大変そう

 

そもそもお婆さんにiphoneを売ってしまったのが悪いんですけどね・・・

 

私のようにパソコンをヘビーに使ってる一番こういうものに強いと思われる

世代の人間でさえ

 

スマフォを初見でいじってて結構戸惑うことが多いのに

お婆さんには・・・

 

無理でしょう・・・

 

話を聞く限り、電話がとれない」だの、メールが来てるか分からないだの

言ってたので、どう考えても普通の携帯でいいですよね・・

 

売りたい商品なのは分かりますけど、なんでもかんでもすすめて売ってしまうのは
考えものだなと思います。

 

インターネット系のサービスのコールセンターでも

お婆さんからネットが繋がらないとか接続方法が分からないとかいう

電話が多かった気がします。

 

サービスをすすめる時には、簡単で誰でも設定出来るなどと

良いことばかり押して売りつけるのでしょうが

実際は簡単ではなくて

 

我々の世代が、当然のごとくコードを一本接続するのも

お婆さんの世代には何がなんだか分からないケースが多いでしょう。

 

ただそれらをクリア出来て実用出来るのであれば

孫とテレビ電話とか出来るようになったり世界が広がるので

幸せになれるのかもしれませんね

よろしければ、応援クリックおねがいします☆
→今何位?人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました