一から十まで説明しなきゃならないダメな中高年が多すぎる

ネット関連のセンターとかで勤務していると結構な頻度で遭遇する

何から何まで説明しないと何も出来ない中高年層のお客さん

自分では何も考えず、自分で何の工夫も出来ない

調べようともしない・・・

もっと言えば説明書の類を読むこともしない・・・

まさにおんぶに抱っこという状態

年配でネット関係に疎いということを考慮したって

単なる甘えとしか思えませんね

若い人でもパソコンとか苦手な人居ますけど

中高年層のそれとは違って、自分で何とか調べたり工夫したけど

努力の結果ダメだったというパターンが多いです。

よくあるおんぶに抱っこパターンの例としては

ネットの操作の説明で、例えばどこそこにカスタマーIDを入れて

パスワードを入力して下さいと私が案内したとします。

それに対して、本当にカスタマーIDとパスワードだけ入れて次の助言を待っているんですよ

普通その2つ入れたら、下の送信ボタンなりを言われ無くても押すだろと・・・

今の中高年層(だいたい50代後半から70歳くらい)って何かそういう風に

自分で自発的に何かしなくても、色々と与えて貰えてた世代なんでしょうか??

何かそういう事情が有るとしか思えないくらい

ダメな中高年層非常に多いです。

職場以外でも有りますよ

ジャグラーコーナーでGOGOランプ光った瞬間店員呼んで目押しさせる中高年層・・・

何回かはやってみろよ!!って毎回見てて思いますね^^;

コメント

  1. ふみ より:

    いつも楽しく拝見させていただいています。
    初めてコメントせていただきます。
    実は放送サービス系のコールセンターで働いているのですが、やっぱりおんぶに抱っこの中高年が凄く多いです。
    リモコン操作をお願いすることがあるのですが、ひどいありさまです(笑)
    しまいに自分で上手く操作が出来なくて、イライラし始めるし…。
    今回は物凄く共感出来る内容だったので、コメントさせていただきました。
    これからもブログをは拝見させていただきますね

    • cakoi より:

      >>ふみさん
      コメント有難うございます。
      中高年のおんぶに抱っこ精神、共感して下さる方が居てとても嬉しいです。
      お客さんは金を払ってサービスを受ける立場とは言えど、新しい事商品やサービスに触れるには最低限の自発的努力は必要ということを分かっていない中高年が本当に多いです・・・。

タイトルとURLをコピーしました