斎藤?齋藤?斉藤?バリエーション豊富な名前の漢字の伝え方について

スポンサーリンク

メールでの質問への回答です。

名前の漢字を口頭で説明する方法について、いつも上手く説明できずに困っています。
何か良い方法はないでしょうか?

回答

例えば、サイトウという苗字には漢字に複数のバリエーションが有ります。

斉藤

斎藤

齊藤

齋藤

一般的にこの4つの何れかだと思います。

更に難しいサイトウも有るみたいですけど、例外として除外しました。

お客さんの名前を聴取する際にこれの区別をどう意思疎通するのか?

これだけバリエーションがあると難しそうに思えるかもしれませんが、意外と簡単です。

まず、このやりとりをする相手がサイトウという苗字を長年使ってきたサイトウのエキスパートだということを認識すべきです。

即ちサイトウの漢字については俺に聞けみたいな状態だということを意味します。

なので、私の場合はサイトウの漢字を聴くとき、サイトウさん本人に丸投げします。

たいていの場合、「一番複雑なサイのサイトウで中に“示す”が入るやつです」とか説明してくれます。

説明が下手なサイトウの場合は、「上のとこにアルファベットのYみたいのが入るサイ」とか言い出しますので

私「難しい方のサイでございますね? したに“示”は入りますか?」

YES or NO

これで答えは出てきます。

これはワタナベという苗字でも使えるテクニックですし

難しい方の~という表現も色々な苗字に応用が出来ます。

小沢or小澤も、難しいのか簡単なのかで区別できますね

あまり一般的ではない苗字の場合は、パソコンで何て打ち込んだら出てくる字ですか?

という聞き方も有りだと思います。

自分の苗字をパソコンで打ち込んだことない人なんか今のご時世そうそう居ませんしね。

オペレーター側で選択肢を見い出せない場合は、お客さんに丸投げしてみるのもコールセンターのオペレーターとして使える有効なテクニックです。

中には有り得ないレベルで説明下手な人もいますけど、それは例外ということで諦めましょう。

有名人の名前で例を出す人も居ますけど、歴史上の人物レベルで一般的な例なら問題無いでしょうけど、田村淳さんのアツシと同じとか言われると、ちょっと微妙な説明かなと感じます。

なぜなら、私が認識しているあのロンブーの田村敦さんとは別に田村篤とかいう名前の年配の俳優さんがいる可能性もゼロでは有りません。

木村拓哉さんの哉は、老若男女問わず浸透してるので有りかなとは思いますけど、言い方としてはやはり志賀直哉の哉の方が適切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました