休日だから思えること・・・お客さんも人間だよねー

毎日、無数にかかってくる電話・・

永年コールセンターで働いていると、機械的に処理していくことしか考えられなくなります。

でもでも・・・

電話かけてくるお客さんは一人一人、違う人生を歩んできた人間なんです。

ところが

そんなことも忘れてしまうような環境にコールセンターは置かれています。

1本1本の電話にもまた人生が有る訳で

もう少し日々の業務でそれを理解して

心を込めて対応していたら

コールセンターの業務を通して

人間として何か得る物というか

成長も出来る環境に有るんじゃないかな

なんて事を休日にまったりしながら考えてみました。

でも実際、コールセンターのフロア入ったらこんな考えは

吹き飛ぶのが現実なんですけどね・・・

コールセンターを運営する会社は

もう少し、オペレーターの数を増やすなりして

1人のオペレーターにかかる負担を減らして

心の余裕を持てる状況を作り出した方が

結果的に、企業としても良いサービスが生み出せるのでは無いでしょうか

人件費を削減して、利益との均整を図るのも大切ですが

それをある程度度外視したとしても

別の部分で回収出来るんじゃないかなーっと

末端のオペレーターとしては思います。

オペレーターの頭数決めてるのって結局

現場の人間じゃなくて机上のデータみてやってるんでしょ?

よろしければ、応援クリックおねがいします☆
→今何位?人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました