本人確認は大切だけど実は無意味?でもやるべき!

この記事は 129秒で読めます。

コールセンターで働いているときも

お客さんとして電話した時も・・・

ほぼ必ずと言って良いほどされるのがこの本人確認です。


名前 住所 電話番号 生年月日 などなど

本人しか分からないと思われる情報を言ってもらって

本人判定をします・・・


項目によっては殆ど調べれば分かる内容なので


かなりザル状態なのがこの本人確認です。


厳密にやるなら

事前に登録してある自宅番号に折り返し連絡する等が

有効と思われますが


そこまでやるセンターも稀では無いでしょうか?


1回電話を切るという、デメリットというか面倒な手順が

増えるという理由もあるのかな・・・


昨今は個人情報漏洩に世間一般が非常にナイーブになっています。


そんな中で、個人情報のルツボであるコールセンターに働く我々オペレーターは

細心の注意をはらって仕事に臨む必要が有るのも現実です。


事実として無意味と分かっている業務フローでも


もし万が一、何らかの要素が絡み合って

大きな情報漏洩事件に発展したとしましょう・・・


そんな時に我々オペレーターを救ってくれるのが

業務マニュアルであり、業務フローであり


本人確認であり

復唱確認なんですよ。


決まり通りやっておけば、身に危険が降りかかるリスクは

ほぼゼロに近いと言えます。


なので、皆さんも本人確認に限らず

業務マニュアルは自分の身を守る為にもきっちり守って

仕事に臨みましょう!

よろしければ、応援クリックおねがいします☆
→今何位?人気ブログランキングへ


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。