減点方式の通話品質チェックで満点をとりオペレーターの鑑とまで称されました!

定期的にオペレーターの通話の録音を聞いて、あーでもないこーでもない言われるやつ

皆さんのコールセンターにもありますか?

私が勤めてきたコールセンターにはだいたいありました。

スポンサーリンク

だいたい、何かしらケチつけたい人が審査役なので、褒められて終わりなんてことはほぼないのですが、今回なんと、わたくし、満点!

減点対象のところが空欄でした!

日々の努力というか、日々考えて実践することの積み重ねで、落ちこぼれオペレーターが、オペレーターの鑑に化けました。

検索でこのブログにたどり着いた方の中には1日何回も上司に代われと言われている方、少なくないと思います。

私も以前はそうでしたし、別にダメなことではないと今でも思っていますが、クレーム量産型オペレーターはリスクが高いので、そこはコントロールできた方が自分自身のためになります。

もう上司に代われと言われたくない方は、私のブログを読めば、自然と言われなくなります。

なぜなら書いている本人が実際そうなりましたからね。

加えてオペレーターの鑑に化けたわけですから、コールセンターに勤める方のバイブルみたいな存在が、このブログです。

言い過ぎました!

今後はシリーズとして、クレーム量産型オペレーターだった私が具体的に何をしたら、オペレーターの鑑に化けたのかを、まとめていきたいと思います。

過去の記事見れば全部書いてあることなので、至急知りたい方は、遡って読んでみてください。

最後にクレーム量産型を証明するエピソードを…

クレーム対応が原因で3回コールセンターをほぼクビみたいな扱いで異動しました。

ガチなやつだとご理解頂けたかと存じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました