レアな用件の電話は要注意・・・

実際に私が今日やってしまったミスなのですが

日々変わるサービス内容や商品内容を理解して業務に挑むのは当然のことですよね・・・

ところが、そういった変化の中でも、超絶レアな問い合わせとか

あまりにマニアックな商品やサービスだったりすると

実務でその知識を使うことが殆ど無いので忘れてることが結構有るんですよ。

そんな中で、不意に受けた電話で

当たり前の様に答えた内容が実は

変更された前の情報だったんです・・・

訂正の電話を入れて事なきを得たのですが

一歩間違えば大クレームに発展しかねない内容でした。

言い訳にしかならないのですが

実務で使う機会の無い知識って忘れていきますし

それに対する意識も薄れていくというか

全くノーガードな状態になりがちなんですよね・・。

分らない事なら、SVに聞きに行けば良いのですが

理解してることが実は、変更されていた場合は

SVに聞きに行くことも無く

自分の誤った知識(古い知識)のまま案内してしまうという

事態が発生します。

むしろ新人の方がこういうミスは無いでしょうね。

永年やってるが故のミスというか

古いデータの更新がされないままな部分が

気付いて無いだけで他にもまだ有るんだろうな・・・

 よろしければ、応援クリックおねがいします☆
→今何位?人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました