時間が無いなら電話してくんな!

この記事は 142秒で読めます。

結構多いのが質問されたことを確認する為に電話を保留にしようとすると「時間が無いから早くしろ」と言うお客さん

時間が無いならかけてくるなって話ですよ・・

一問一答方式で即答えが返ってくると思ったら大間違いでして

知ってる事だったとしてもSVに確認しないと言ったらダメな事なんかも有る訳で

聞きたい事が有ってコールセンターに電話する場合は、最初の自動ガイダンスの音声や待ち時間も考慮して、最低でも30分は時間に余裕をもつことが必要です。

クレームめいた内容だと1時間以上はみておいた方が良いです。

先日、私が客として電話した時にも昼休憩の1時間だけでは話がまとまらず、翌日かけ直して話の続きをしました。

中には、トイレ休憩や昼休みの食事後であと10分で仕事に戻らなきゃならない状態でコールセンターに電話してくる人も結構多くて

当然途中で電話を切る羽目になります。

勿論対応の履歴に概要は残して電話を切るので、再度電話して全く同じ話しを最初からする必要は無いのですが

やはり、内容を理解するまで時間はかかりますし最初から話を聞いていたオペレーターと同じにはなりません。

メールよりも即時で返事が返ってくるチャット的なもの(LINE等)が連絡手段の主流となりつつある現状、お客さんがコールセンターに迅速な対応を求めるのは自然なことと思いますが

コールセンターは待たされる場所だという認識をしておいた方が精神衛生上良いです。

対人対応のお店の窓口だったり銀行の窓口だったり、病院の受付だったりそういった場所は必ず待たされますし

そこまで、待たされることにイライラすることって無いと思うんですよ。

コールセンターという場所はそれが電話に代わって顔が見えないだけの場所だと考えて貰えると分かりやすいと思います。

ネットの普及のせいか分かりませんが、現代人は待つということが出来なくなっていますよね

私も含め・・・


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。