コールセンターの研修は楽しい・・ こともある

場所によると思うのですが、今まで働いてきた職場で一番多かった研修のパターンは、実際に使うブースに横並びになって先輩オペレーターが、マンツーマンで指導するスタイルです。
今でこそやらせてもらえませんが、以前のコールセンターでは、結構研修を担当する機会が多くて、それはそれで楽しかったのを覚えてます。

正確に言えば、楽しいというよりは楽です!

ちなみに優しい研修担当だったので研修生からの人気は絶大でした。

学生のバイトには経験の長い学生のバイトを研修担当としてつけることが多いです。

コールセンターにおいて研修生は、金の卵です。

1人のオペレーターを電話に出られるまで育てるのには、多額の経費がかかるので、中途半端なタイミングで辞められると大損害です。

ベテランのオッサンが研修するよりも、目線が近い学生を起用したほうが、研修生としても、この職場で頑張っていけそうだという思いが強くなります。

もちろん研修を担当する学生の中には可愛い女子大生もいるわけでして、たまにこんなけしからん光景も見られます。

羨ましいですね。

新人はおそらく大学一年か二年の青年で、まだ幼さが残っています。

研修は電話での話し方と入力作業を教わる内容で、横並びで入力の方法を指導する先輩オペレーター。

でその子がPC操作を教えていたのですが、研修生とやたら近いんですよ。

手本に研修生の目の前にあるキーボードに手を伸ばして入力の手本をみせているのですが、ほんと近い。

肩が完全に密着!

ちなみに私が今のコールセンターで研修を受けた時の担当は、なぜか漏れなくオッサンが担当しました。

年下の大学生に教わるのは微妙かと気を使われてのことかもしれませんが、余計なお世話です。

ブログランキング参加中
よろしければ応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました