保留時間30秒以下にしろ・・・だと・・・・アホか

この記事は 131秒で読めます。

コールセンターの業務フローとして

分らない事や調べごとや、その他に無言時間が出来る様な場合

電話を保留にしてお客さんに待ってもらうというのが有ります。

その間お客さんは、あの耳障りな電子音の保留音楽を聴かされる訳です。

ベートーベンのエリーゼの為にの場合も有れば

ブラームスのワルツの場合も有れば・・

聴いたことも無い謎の音楽のところも有ります。

総じて言えるのは聴いてて心地よいものじゃありません。

なので、お客さんをイライラ待たせる保留時間は

出来るだけ短くすべきです。

私もそう思います。

ただ、最低30秒は、ねーよ!!

今勤めてるセンターの保留時間の基準というか最長が30秒で

それ以上時間かかる場合は電話切って折り返しにしろと・・・

もちろん保留は短いに越したこと無いです。

でもですね・・・

30秒って数えてみれば分りますがあっと言う間ですよ。

例えば・・・

分らない事が出来た→SV探した→呼んだ→到着した

これで30秒軽く超えます。

30秒基準とするなら、もう全部折り返しにするルールで良いですよね

ちなみに私の考える保留時間の最長ラインは3分です。

そのくらいは人間待てます。

むしろ30秒で済む様な、調べごとは適当に別の事は話しながらでも

出来るって話です。

保留にする必要すら無いケースでわざわざ保留にした場合だったら

30秒の保留で終わるでしょう。

30秒ルール考えた社員の時間軸感覚の欠落具合ときたら

日常生活にも支障をきたすレベルだと思いますね。

よろしければ、応援クリックおねがいします☆
→今何位?人気ブログランキングへ


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。