テレアポでノルマを達成出来なかったらどんな目にあうの?

この記事は 217秒で読めます。

テレアポでノルマ(目標とか言い換えてるケース有り)を達成出来なかったら

一体どんな仕打ちが待っているのか?

私の知る限りをお話しましょう

まず大前提として

アポイントを取れない状態でテレアポの仕事を続けることは

この世に有る辛いことの結構上位に入るくらい辛いことだと思います。


時給は保証されてるから良いや!!と思うかも知れませんが

成果の上がらない電話をかけ続けるって尋常ならぬストレスですよ・・・



ではテレアポでアポイントが取れないのに居座ったらどうなるのか?

小規模の所(零細企業で3-5人で電話してるような所)の場合は

社長相当の人が事務所に居るケースが多いので


やんわりと「今週中に成果が出なかったら、無理かな」等と言ってきます。


ここで注意して頂きたいのは、こういった零細企業の場合

短期間で辞めた人間の給料は払わないで済まそうとする傾向に有りますので

絶対に給料日に預金を確認して支払われているか確認してください。

入ってなかったら、電話して即刻振り込む様に促しましょう。


中規模の所(20-30人規模)の場合は

アポインターを管理する担当社員相当の人間にチクチク言われたり

別室に呼び出されて説教されたりします。

やる気を見せて、相談すれば成果が出るまで助言しつつ見守ってくれるケースも多いのが

こういった中規模の所かも知れません。

私が最初に働いたテレアポ(コールセンター)がこれに該当します。


最後に、大規模な所(100-200人規模)の場合は

アポインターの管理もマニュアル化されてるケースが多い様で

出来る人(アポイントがよく取れる人)には休憩を多く与えたりメリット付与して

全体の士気を高める方法をとるケースが有ります。


逆にアポイント取れない人間には再研修といって

別室でマニュアルの読み合わせだかをやらせたりして

まずは更生の余地を与えます。

それでも、改善が見られない場合は、解雇


という流れでした。


こういった成果を求められる仕事というのは

時間をやり過ごして時給を貰うだけの仕事とは違ったやりがいが有ります。


なのでやるからには、自分から工夫をこらして成果を上げて

自分自身に何かを得る事(インセンティブでも経験でも自信でも何でも良い)


これが醍醐味じゃないかなと思います。


繰り返しますが、やる気も実力も無しにテレアポの電話かけ続けるのって本当に辛いですよ。


マジで・・


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。