契約解除手数料はゴネると簡単に免除になる

この記事は 119秒で読めます。

コールセンターに電話して手続き内容が気に入らない場合、あまりにも理不尽な要求は断られて終わりますが、ある程度の許容範囲は存在します。

家電量販店のスタッフに値引き交渉をして多少安くなることがあるのは、ある程度の許容範囲を店が予め決めているからです。

値切らなきゃ損みたいな関西人的思考が結果として得をするのは気に食わないですが、他店より高かったら言ってくれみたいなことを明言している店も多いので店側としても言われたら考えるというスタンスなのは間違いありません。

コールセンターの場合は、ゴネられてそれを断る時間や労力の方が割りに合わないレベルのものならいけちゃう場合が有ります。

私の経験上で意外と知らない人が多いのは、携帯電話とかネット回線の2年縛りの契約解除手数料…

高いですよね

1万円とかする所もあります^^;

でもゴネれば意外とあっさり免除になります。

免除になる理由としては販売員の説明が無かったとか更新月の数え方が分かりにくいとか
、正当なのかは分かりませんが明確な理由のもとの主張であれば普通に免除になります。

携帯電話の解除手数料は無駄に高いですし実際に分かりにくいので殆どの人が払う必要ないものだと私は認識しています。

実際に納得のいかないことに金を払うのは馬鹿馬鹿しいですから、コールセンタースタッフと気の済むまで戦うのもありかもしれません

でも30分とか話してダメならもう無理なんだと考えた方が時間を無駄にしなくて済みますよ^^


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。