後処理急ぐ必要無し

この記事は 132秒で読めます。

コールセンターに勤めていて避けて通れないというか

ウザいほど管理者に言われるのが後処理を早く済ませろというもの


工夫をしろとか色々後処理を早くする策を練る様促されますが


工夫なんかしなくても自然と後処理が早くなる様なシステムなり業務フローを確立してから言ってくれと思いますね^^;

聞いた住所を複数個所に入力する必要が有ったり、無駄にLDにエスカレする必要が有ったり


個人個人の能力に依存して大所帯を運営するのって危険な事だと思いますよ


どんなにPC操作の遅い人間でも容量が悪い人間でも早く後処理が出来るシステムを作る努力をすべきなんです。


私の場合は、後処理が面倒な案件が来るとあえてゆっくりと丁寧に後処理をします。

だって後処理が面倒な案件が存在していることが原因で後処理が長くなる


つまり後処理が遅くなって然りな案件で私がゆっくり丁寧に後処理することは普通のことなんですよ


後処理急いだって時給が上がるわけでも無いですし、急げば急ぐほどミスをするリスクも高くなります。


最悪離席マジックという裏技が有りますしね^^;

※離席マジックとは、離席ボタンを押すと後処理時間のカウントがリセットされる裏技というか豆知識


しかしながら、この離席マジックはもっと悪用しようと思えば自分だけ電話が鳴らないという裏工作すら出来てしまうので悪用が厳禁ですよ^^;


これでクビになった人居ましたから(;゚Д゚)


とにかく後処理なんか急ぐ必要無いので、自分のペースでやりましょう


尋常じゃない遅さだとさすがに仕事の適正の問題になってしまいますが

悪目立ちしない程度に遅いくらいが後処理時間としては丁度良いんです。


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。