ノートにインデックス貼ってるバカはすぐに辞める

居るんですよ、研修した内容をやたら丁寧に色ペンで色分けして書いた上に、ご丁寧にノートにインデックスを貼ってすぐにページを見つけられる様にしてるバカ

そういうタイプは大概が結局満足に仕事を覚えられず、せっかく丁寧に作ったノートを置いて辞めていきます。

勿論、そういった勉強方法が自分自身に向いていて結果を出せるなら構いません

学んだ知識を、その場で覚えられないという自身の弱点を補う意味でそういったノート作りをしているつもりなのかも知れませんが、いい歳して、そろそろその効率の悪さに気付けよ!と思いますね。

これは恐らく日本の義務教育の悪い影響の1つです。

ノート書いてるイコール勉強してるみたいな糞風潮が根強いんですよこの日本という国は

私の中学3年の時の担任で社会科担当だった教師がその良い例でして、黒板に書いたものをノートに書かせて、そのノートを回収して、きちんと書いてるかをチェックして通知表の評価基準にしていました。

ホント糞ですよ

何をチェックしてるの?って感じじゃないですか

そしてその行為には何の意味が有るのか?

しかも、その板書の内容も、一体何年前から使ってるのか?と問い質したくなるくらいボロボロのノートからそのまま黒板に写してるだけ

この教師の程度の低さに呆れました。

ただ単に毎年同じノートから黒板に写すだけの授業を繰り返してる訳ですから。何の進歩も無ければ新しさも無い

当時私はそういった疑問からノートも書かず、提出もしていませんでした。

結果、通知表は2がつきました。(5段階評価)

ちなみに定期テストの成績は毎回90点超え

こういうゴミが教育にたずさわっていなかったら、今の日本はもっと良くなっていたでしょう。

この担任のせいで志望校をワンランク下げました。

今はどうか分かりませんが、当時は通知表の成績で、まず持ち点のベースが決まる方式でした。

ではなぜノートを書いて質問の答えをノートを見ながら答えていると、いつまで経っても一人前に仕事が出来る様にならないのでしょうか?

これも日本の義務教育が影響していると思います。

例えば、掛け算の九九ってありますよね?

あれ、小学校3年くらいだかは忘れましたが、無理やり覚えさせられましたよね

あれが完全に間違った教え方なんです。

9の段

クイチ 9 クニ 18 クサン27 クシ ・・・・

途中で止まる馬鹿がいましたけど、きちんと九九の仕組みを教えた上で唱えさせれば詰まるはずが無いんですよ。

9の段は9ずつ足していくだけなんですけど、そんなことも教えずに、暗記しろって?

九九を言えないイコール、仕組みを理解出来ていないですから、9の段が言えないなら、2の段を言ってごらんとかいう謎な教育方法は全く無意味です。

答えを導き出すには必ず過程や理由が有ります。

まずそれを理解出来た上で、やらせないと効率が悪いどころか生涯間違った認識のまま過ごすことだってあり得ます。

コールセンターの仕事でも同じで、導き出される回答には、必ず理由が有ります。

そこをまず理解した上で無いといくら答えだけ何度もノートから引き出していても単なる暗記はすることこそ有っても

知識の定着は難しいでしょうね。

オペレーターに質問されて、ドヤ顔で答えだけ教えて終わらせてるSVいますよね。

その後にきちんと何故そうなるのか、理由や過程を教えてあげる必要があります。

「●●に決まってんじゃん」的な回答のしかたをするSVって非常に多いですが

そういう指導の仕方をするから、同じ質問を繰り返すオペレーターが増えます。

繰り返し聞かれると、メモ取れよ!って言い方をするSVも多いですが、きちんと過程や理由を指導した上で答えを教えてあげれば、メモは不要です。

通話中はお客さんを待たせることになるので、通話後にしっかり説明してあげれば良いのになーっと思いながら、隣で怒られながら研修を受けているダメな新人を見ています。

自腹でインデックスやノートだったり付箋を買ってきて、勉強しようという姿勢は素晴らしいと思います。

でもそんなものは、結果が伴っていなければ、仕事をしてる風に見せるパフォーマンスに過ぎません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました