自称日本語学者の相手はする必要無し

この記事は 052秒で読めます。

日本語学者ですか?ってレベルで、敬語に煩いお客さんがたまにいます。

何を言ってもいちいち突っかかってくるは、揚げ足をとってくるはで話になりませんし

そんな人と話したく無いですよね…

対処法としては、相手にしないことです。

先日紹介した「左様でございますか」とでも言ってあしらいましょう

コールセンターのオペレーターの仕事はは自称日本語学者の相手をすることではなく、お客さんと会話をすること

現代で一般的に使われている言葉にいちいち文句をつけられても相手にする必要有りません

言葉なんか使われてくうちに本来の意味すら変化していくナマモノですからね

そういう、自称日本語学者は普段どういう話し方をしてるんでしょうか?

例えば、コールセンターのオペレーターが貴様と呼びかけても受け入れるのでしょうか^^;

揚げ足に屈していては前に進めませんので
気にせずコールセンターのオペレーターとしての仕事だけを続けましょう


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。