間違った日本語?「とんでもございません」

この記事は 149秒で読めます。

だいぶ前の話なのですが、私の電話応対を聞いていた管理者が

「どんでもございません」は日本語としておかしいから止めろと言いました。

「とんでもない」は「とんでも」で区切る事は誤りであり

丁寧に言いたければ「とんでもないことでございます」が正しいとのこと。


言語というのは生モノで、時代の移り変わりで変化していくものです。


恐らくこの指摘は正しいのでしょう。

ただ、「とんでもないことでございます」なんて言ってるの聞いたこと有りますか?


より丁寧に言おうとした結果が「とんでもございません」なのでしょうが


そもそも、そんな言い方をする必要は無く

「とんでもないです」

これで全て解決です。


恐らく、私に指摘した管理者は、「とんでもございません」狩りを
生きがいとしてる人なのかもしれません

コールセンターや派遣会社で、NGワードと設定されてる言葉は多々有りますが

私の見解としては、お客さんがそれを聞いて不快や疑問に思わなければ
問題ないと思います。


多少、くだけた言い回しや、タメ口と思われる表現を使ったとしても
結果としてお客さんに良い形で届いて居たらそれはそれで有りだと思っています。

「すいません」 「ごめんなさい」 
これもNGとしてるケースが多いですが、あえて使うことによって
より謝罪の気持ちが伝わることも少なく無いです。

会社としては、マニュアル化して理詰めで、話す機械としてオペレーターを
育てたがりますが

相手は人間で、太古の時代より、使われてきた言葉というツールを使っての
コミュニュケーションにおいてはマニュアルでは語り尽くせないモノが
有ります。

より正しく明確に意思疎通するのが言葉というツールであり
それが全てでは無いんです。

机上論に過ぎないマニュアルは参考程度にしかなりませんし

実際に現場でお客さんと話してみないと学べない事も沢山有るんです。

よろしければ、応援クリックおねがいします☆
→今何位?人気ブログランキングへ


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。