【出来かねます】同じ意味(断り文句)でも言い方で全然印象って変わるんですよね。

日本語には同じ意味を伝えるのにも、沢山の言い回しが存在します。

例えば、お客さんの希望に添えず断わる場合

無理です。

ダメです。

こんな言い方をすると、お客さんは、気持ちを断ち切られた様な不満を持つ事でしょう。

この場合は、肯定する言葉を打ち消す言い回し

出来かねる

これがコールセンターではよく使われます。

モノは言い様とはよく言ったもので

肯定する語句が冒頭に来るだけで

たとえそれが後に打ち消されたとしても耳触りは良い印象になってしまうんですよね

ホント日本語って難しいなと思います。

日本語が出来ない外国の方からの電話である旨を情報として入力したい場合

日本語が下手 日本語が出来ない 言葉が通じない

こんな書き方をする人が多いですが

ここは

日本語が堪能ではない

これがベストな表記となります。

同じ意味では、日本語が上手く無い

でも良いでしょう。

ここまでと逆の話になりますが

どうしても強くダメージを与えなくてはならない場面が

有ったとします。

そういった場合はまず

言い方は悪いですが や

大変申し上げ難いのですが・・・

ダメなんです 出来ないんです 

馬鹿なんじゃないですか?(これは冗談)

こういった直接的な言い方が効果的な場面もたまーに

有ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました