コールセンターには距離感の見極めが下手な人が多過ぎる

この記事は 117秒で読めます。

●コールセンターで隣の席に座ったら話す程度

まず、この距離感を10とします。

●隣の席にならなくても見掛ければ挨拶をしたりロッカールームで話したりもする

この距離感は7

●休憩時間を一緒に過ごしたり昼食を一緒に食べたりして、タイミングが合えば一緒に帰ったりもする

この距離感は5

●休みの日に一緒に遊びに行ったりもする

この距離感は3

●家に遊びに行く

この距離感は2

距離感1は友達で、距離感0は恋人とでもしておきましょう


この距離感の見極めが出来ない人が、コールセンターには結構多くてストレスを感じる事が多いです。

なぜ駅で声をかけた?^^;

なぜロッカールームで話しかけた?^^;

なぜ休憩中に隣に座ってきた。。^^;

なぜ帰る時ついてこようとしてる?^^;


距離感判定が甘いというか無頓着というか、本当に勘弁して欲しいです。

本人は平気でも相手が多大なるストレスを感じています。

そういう人は大抵他人が自分の言動によってどう感じるかが考えられない人

もしかしたら、アスペルガー症候群なのかもしれません

コールセンターにはなぜかアスペルガー症候群と思われる人が多いです。

コールセンターの仕事は日々ストレスの連続なので、せめて電話してない時くらいはノーストレスにして欲しいものです。

他人との距離感は出来るだけ遠目に見積もって行動しましょう!


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。