本心でオペレーターが「申し訳ございませんでした」と言ってる訳無いよ・・・

この記事は 112秒で読めます。

コメントで頂いた質問への回答です。

質問内容は以下の通りです、

IT機械系のサポート、クレーム部署で働いています。
常々「大変ご不便をおかけしまして、 申し訳ございませんでした。」 と言うわけですが
数十人に一人の割合で、誠意が伝わらないとか、 どうせ本心じゃないんでしょ?とかネチネチ言ってきます。
常連クレーマーは、 「どういう気持ちで働いてるの」が口癖で、回答しても
「そうは聞こえない」の一点張りで困っちゃうんですが

何か良策があれば教えて下さい。


まず大前提として、オペレーターが本心で申し訳無いと思ってる訳が無いということです。

居酒屋のアルバイト店員が注文を受けて「はい!喜んで!」と言ったとします。

この店員は、本当に喜んでると思いますか??

そんな訳無いですよね??


これと同じことです。


仕事として言わなきゃならないから言ってるセリフです。


本心なんか語ったら私の場合速攻解雇されるでしょう・・・


なので

こういった、的外れなクレームを言ってくるクレーマーは

諦めて気にしないことが良策となります。


会社の窓口として、会社の意志や方針を述べる窓口

それがコールセンターのオペレーターの役割です。


いちいち自分自身の感情を左右させていたら身が持ちません。


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。