自動車保険の事故受付のコルセンで使うお怪我はございませんか?は敬語として誤り?

最近の日本は地震や台風の被害が多いですよね。

災害関連で忙しくなるコールセンターで働いている方も多いでしょう。

保険会社の保険金請求窓口のコールセンターだとマニュアルの冒頭にケガを心配をするセリフがだいたい書いてあります。

又は、書いていなくても必ず言う様に強制されます。

「お怪我はございませんか?」

「お怪我はございませんか?」は正しい敬語です。

なんとなく「ございます。」が謙譲語っぽく聞こえて、お客さんの怪我に使うことに少し違和感があったので調べてみました。

結果、ございますあるの丁寧語だそうです。

ござるという言葉に謙譲する意味は含まれないのこと。

コールセンターで「ございます。」をいつ使っているのか

感謝と名乗り
「お電話ありがとうございます。私〇〇会社の〇〇でございます。」

説明
「〇〇と〇〇がございます。」

謝罪「申し訳ございませんでした。」

質問
「ここまでで質問はございますか?」

コールセンターには欠かせないフレーズみたいですね!

まとめ

事故受付時には「お怪我はございませんか?」は必ず言いましょう!

敬語として正しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました