コルセンのオペレーターから謝罪された際の返事は「そうですね」か「はい」が自然

先日とある理由で
コールセンターのオペレーターに
やたら謝られる機会がありました。

いつもと逆の立場です!

コルセンのオペレーターから
謝られた場合の返事に困る人って
意外と多そうなので、教えちゃいます。

私もそうでした…

ずばり「そうですね」か「はい」が自然です。

まあいいか位のテンションが伝わる

返事の万能選手「はい」
無難な同意する言葉
ランキング1位「そうですね」

コルセンのオペレーター的にも
この位の返事をされるのが
一番やりやすいです。

まだまだ話したい場合

あなたがまだ怒っている状態で
コルセンのオペレーターに謝られた場合も

とりあえずは
「そうですね」「はい」でOK

話したいことは、
その後に続けて言います。

話をぶり返すなり
追加のクレームを言うなり
好きにしてください!

ねぎらいの言葉は必要

コルセンのオペレーターは役割で
お客さんに謝っています。

本人は悪くないのに謝っています。

なのでクレーマーの皆さんは
「わざわざご丁寧に
ありがとうございます」
この位の言ったらどうですか?

あなたに言っても仕方ない

「あなたに言っても
仕方がないのは分かってるけど」

「あなたが
悪いわけじゃないけど」

これ言うクレーマーいますけど

だったら最初から言うな!
って感じですよね…

まとめ

コルセンのオペレーターに
謝られたら

とりあえず
「そうですね」「はい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました