聞いてない、言われてない系のクレームの対処方法

聞いてないとか、言われてないとか言ってゴネるクレーマー多いですよね〜

結論としては聞かれてないから言わなかった
ただそれだけのこと

勝手な思い込みで勝手なことをする前に
事細かに質問しろってことです。
我々コールセンターのオペレーターは
その為にいます。

決めつけるから悪い

クレーマーの常識で企業は物事を判断していません。

ゴネたくなる気持ちは分かりますが

どこにも書いていないことで
少しでも疑問に思ったなら
勝手に自分の物差しで決めつけずに
コールセンターのオペレーターに質問しましょう

聞かれたことに答えるのが我々の仕事です。

確認を怠ったクレーマーが悪い

携帯電話の解約とか家を借りる契約なんかだと
事細かに説明するマニュアルになっていますが
それでも何もかも残さず説明し尽くすのは無理です。

コールセンターの説明が不足していたのではなく
あなたが必要な確認を怠ったんです!

もちろん分かりにくい部分とか重要な部分があれば
補足で説明する事もありますし
マニュアルがそうなっている場合もあります。

コンビニの場合

コンビニを探している人に場所教えてあげるときに
たまたま近くの店舗の営業時間が間も無く終わりそうだったら教えてあげますけど
タバコを扱ってるか扱ってないかまでは教えません

タバコ置いてるか聞かれたら教えます。

そういうことです。

まとめ

勝手な判断で決めつけないで聞け!

コメント

タイトルとURLをコピーしました