残業覚悟で開き直って頑張ると良い気分で1日が終われる

この記事は 055秒で読めます。

コールセンターの仕事は、自分で仕事内容や時間配分をコントロール出来ないことが多いです。


どんなにベテランが、上手く立ち回ったとしても

定時にきっかり帰れる様に、通話時間と入電状況と後処理時間が折り合うことって

かなり難しいです。

終業時間の10分前に泣く泣く受付可ボタンを押すことだってしばしば有ります・・・


今日実際私も、そんな羽目になりまして

まぁ最悪な訳ですが


いつも自分が動画で話していることを思い出して

最後の嫌な時間の入電だからこそ、精一杯の対応をしてみたんです。


するとどうでしょう


帰り道の気分の清々しさと言ったら

筆舌に尽くしがたいものが有りました。


逆に、最後の嫌な時間の電話だからといっていい加減なイライラした対応をしてしまった場合は


最低最悪のイライラむしゃくしゃした帰路が待っています。


どうせ同じ時間残業することは確定しているのだから


清々しい気持ちで帰りたいものですよね♪


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。