ニートや引き篭もりの履歴書、職歴欄をどう埋めたら良いのか?

コールセンターに面接に行く場合

ほぼほぼ履歴書というものが必要になります。

職歴の無いニートの方が履歴書を書く時

一番問題となるのは職歴が無いという事実をどう扱うのかです。

家に引き篭もってニートやってましたと馬鹿正直に書くなんてことは

自分の首を自分で絞めてる様なものです。

とにかく履歴書の職歴欄は、面接官に疑問を抱かれない程度に

自然に読み流して貰える様な内容に仕上げなくてはなりません。

かといって安易に嘘で固めてしまうことはオススメ出来ません。

虚偽の事実を履歴書に記入して採用を促すのって恐らく犯罪行為だと

聞いたことが有る様な気がしますし

あとあとバレると厄介なことになります。

それで、散々考えた挙句出た結論はというと

家業の手伝い

これしか無いです・・

非常に苦しいですよ勿論

嘘にならずに、上手いことニートで職歴の無いことを誤魔化すには

これしか無いかも知れません。

家業なんか手伝ってねーよ!!

これだって嘘だろ!!

と思われるかもしれませんが

ものは言い様です。

自宅でニートになれるイコール、親がそれ相応の環境を用意してくれるだけの収入が有るです。

ニートと言えど自宅に居ることによって、それなりの対価を得ているんですよ・・・。

非常に苦しい無理矢理な考察となっていますが続けます。

自宅に居るだけで、食事も出てくるし、パソコンだって買って貰えるし

ネット環境も用意して貰える。

あと年中自宅に居るので自宅を警備しているとも言えます。

自宅警備員=家業の手伝い

嘘にはならないでしょ?

もしくは、自営業としてしまうのも有りですね。

もし面接官がそこに食いついて家業の詳細や自営業の中身を聞きたがったら

そこは嘘をつく必要が出てくるのですが

書類に嘘は書いてませんからギリギリセーフではないかなと思います。

一番楽なのは、コンビニなり何なりで数年働いていたと書いてしまうことですけどね

女性の場合だと、家事手伝いとする手も有りますし

結婚していれば、主婦と書けますね。

ニートで職歴無しを正直に話した上で、ヤル気や熱意を伝えて採用を目指すことが

本来あるべき姿なのでしょうけど

それを受け入れてくれる職場なんかそうそう見つかるはずも有りませんから

ある程度策略を練って挑む姿勢が

この世の中生き残っていく為には必要だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました