コールセンターに乗り込んで来たクレーマー

前回の記事(オペレーターが出来るささやかな抵抗)

の逆の話です。

 

クレーマーがやり過ぎちゃって警察に連衡された話です。

 

クレーマーの多くは、電話番長というか、実社会では控えめな人間だったりするケースが多いです。

相手(コールセンターのオペレーター)が自分より弱い立場にいると思うから

好き放題暴言を吐いたり揚げ足を取ったり出来るのです。

 

ところが中には、本物の番長というか

普通に血気盛んな人も居まして・・・

 

オペレーター個人を脅す様な発言をしてくるクレーマーも居ます。

私が対応した中では「俺の勤め先は、セルシオとかベンツとか黒塗りの車が沢山置いてあるところだぞ!あんたも自分の身の心配とかして電話出た方が良いんじゃねーか?」

と言われました。

タクシーかハイヤーの会社なの?(笑)と思ましたが

本人としては脅した積もりなんでしょう。

ほんとバカですね。

 

電話だけならまだしも、実際にコールセンターに乗り込んで来たクレーマーも居ます。

私の勤めるセンターでも有ったと聞きます。

両方とも即不法侵入で逮捕ですね。

 

ネット系の業種やサービスで細分化されまくったコールセンターだと有りえないというか無理なのですが

本社の一角でやってるセンターだと場所を特定されて

来るんでしょうね・・・。

来て何するつもりだったのかが気になります。

暴れてオペレーターを無差別に殺したりしたかったのでしょうか。

 

セキュリティーが甘いセンターだとオペレーターについてくれば後ろから

中に入れてしまいますから

怖いといえば怖いですが

そんなことで人生棒に振るなんて馬鹿げてますよほんと

 

コールセンターに来たクレーマーはさぞかし驚いたでしょうね

想像する景色とは全く違う、私服のバイトが沢山いる異空間が広がっていた訳ですから・・・

一般的にイメージするコールセンターっていうのは

左上の写真みたいな女性で制服きたオペレーターがずらっと並んでる場所なんですよね

 

そんな場所はまず無いというのが現実です。

 

クレームは電話だけにしときましょう

よろしければ、応援クリックおねがいします☆
→今何位?人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました