コールセンターが新型コロナで閉鎖も縮小もなかなかしない理由

この記事は 110秒で読めます。

関連会社で新型コロナ感染者が出たとか、会社の最寄駅を使ってる人に新型コロナ感染者が出たとか

もはや誰がいつ新型コロナに感染していてもおかしくない状況ですよね

もしかしたらもう感染してるかもしれないとすら思ってます^^;

我々が働くコールセンターは典型的な3密な環境でして、誰か1人でも感染していたら爆発的に感染を拡大させる可能性を秘めています。

今この状況下で、100人規模のコールセンターが営業し続けているのは危険で異常なことです。

コールセンターが閉鎖や規模縮小をなかなか行わない理由は補償をしたくないから

したくないというより出来ないのかもしれません

会社側の都合で閉鎖や縮小をすると給与補償する義務が生じます。

自主的に休むのは止められませんので、会社側がやらなくても規模の縮小は自然と起こるでしょうし、大半が欠勤すれば自然と閉鎖になります^^;

でも、早々に給与補償を約束して閉鎖すべきだと思いますよ

だって、新型コロナウイルスが収束した後どうなりますか?

自然と閉鎖に追い込まれたコールセンターにどれだけ人が戻りますかね…

また求人して研修して

元通りの人材揃えるのにいくらお金がかかるのでしょうか

こういう時こそ従業員を大切にすべきだと私は思います。

てか大切にしろよ^^;


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。