ネットでの身バレ特定は悪魔の証明

【PR】
芝桜
今の時期が見ごろとなった芝桜。芝桜専門店ではご自宅のお庭でも育てることができる芝桜を多数そろえています。生産農家から直送される芝桜をぜひ一度お試しください。無料カタログもあります。

会社の同僚でも上司でも家族でもそうですけど

ネットで動画配信を行っていたり、ブログをやっていたり、DMMで18禁の動画に出ていることがバレたりと、そんな指摘をされたケースがある方、少なくないと思います。

でもこれって悪魔の証明に過ぎないんですよね。

例えば私が、このブログを書いていることを会社で指摘されたとします。

会社の人「このブログは君が書いているんだよね?」

私「違います!」

会社の人「君が書いていないという証拠はあるのかね?」

私「証拠なんかないです。書いてないものは書いてないです!」

会社の人「証拠がないなら君が書いているということじゃないか!!」

はい、悪魔の証明きました。

本来は、無いものを証明させるのではなく、先にあるものを証明するのが筋です。

こういう身バレ特定って結局状況証拠に過ぎませんので、確定的な証拠を出すことなんてまず不可能です。

書いていることがどうこうとか、似てるとか、それっぽいとかその程度のことです。

しかしながらこの、悪魔の証明はコールセンターの対応で結構使えたりもします。

言い方を変えるとこの悪魔の証明が打ち砕かれた時がコールセンターとして最悪です。

例えばペヤングに実際虫が混入していた時点で、ペヤングに虫が入っていないという悪魔の証明(多分使い方が若干ずれてるけど)が打ち砕かれたわけです。

ないことは証明出来ない!

だからない!

ないの!

コメント

タイトルとURLをコピーしました