コールセンターのオペレーターの対応が良くなる魔法のフレーズ「お忙しいところ、申し訳ないんですけど〜」

今回は、お客さんとしてコールセンターに電話した時の話です。

なかなか繋がらないコールセンターにイライラするのは分かります

私も同じ経験したこと沢山あります。

でも第一声でこれを言ってみると魔法がかかります。

客「お忙しいところ、申し訳ないのですが〜」

コールセンターに繋がったらこのセリフを冒頭にぶち込んでみてください、オペレーターが少し元気になります。

コールセンターに電話する時に限ったことではありませんが横柄な態度や、上から目線の態度が良い結果に繋がることはないです。

コールセンターに電話する時は謙虚で低姿勢な態度が幸運を呼びます。

オペレーターと客と言えど、人と人のコミュニュケーションです。

あなたがお客様でも、相手(コールセンターのオペレーター)が気持よく話しが出来る雰囲気を作る努力を少しくらいしたって良いですよね?

待たされてイライラ度マックスの話し方をしたらどうなるか

客「あぁ〜、やっと繋がった…もう待たせすぎ!」

第一声をこんな感じで言われたら、私の場合、一応謝ります。

でも待たせていることは、予め分かっているので、「大変お待たせして申し訳ありません、〇〇会社ー」みたいに冒頭で待たせたことは既に謝っているんですよね…

お互い時間の無駄ですし、この後に待っているお客さんにも迷惑です。

待たされたアピールしても、通話が早く終わるわけではありません。

急かされたら、私の場合ゆっくり丁寧な電話対応をします。

急かされて焦るとミスをするリスクが高くなります。

なので後輩にも急かされれば急かされるほど、ゆっくり丁寧な対応をするように教えています。

まとめ

待たされてどんなにイライラしていても繋がったら「お忙しいところ、申し訳ないのですが〜」と言ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました