ストレスに強い人の考え方の特徴、ストレスに強い人はテレアポに向いている?

この記事は 220秒で読めます。

「ストレスに強い人」の考え方の特徴

①「まあいいか」と受け流す

②マイペースを保てる

③人生は思い通りにならないと思う

④タイミングが悪かったと考える(誰のせいにもしない)

⑤相手の事情も想像できる

⑥何事も経験と思う

⑦周囲に頼れる

⑧現実逃避が上手


出典 アルファルファモザイク


上記の8項目を読む限り

ストレスに強い人イコール

考えが大らかというか楽観的というか

物事を深く考えすぎたり思いつめたりしない人


そんな印象を受けます。


テレアポの仕事はストレス満載です。


そんな中でストレスを溜め込まないすべが上の8項目には含まれていますね。


最後の現実逃避云々は少々謎なのですが


恐らく、仕事が終わったら仕事の事は忘れてプライベートを楽しめる人

そんな感じの解釈で良いのかなと思います。


1日や2日成果が上がらないからって、ワーワー文句言ったり

落ち込んだりしている様では、テレアポという厳しい仕事をやり過ごすことは出来ません。


長続きしない人に限って、たった今かけた一本の電話にいつまでも拘って

ごちゃごちゃ文句言ったり、ああでもないこうでもないと

騒いでイライラしています。

ストレスを溜め込んでいます。


目先の結果ばかり追い求める人はテレアポには向いてないのかもしれません。


これがダメなら次

次がダメならもう一回・・・

といちいち気に留めず淡々を動作を繰り返すことが出来る人


そして、それが出来るだけの気持の余裕がある人

そういう人がテレアポに向いているのかなと思います。

上の8項目を見ていくと当てはまることばかりです。

(⑧以外は・・・)


かといって、ストレスを溜めないことばかり重視して

何もしない怠け者になるのもバツです。



人間という生き物は最低限のストレスは有していないと

おかしくなるらしいですから

潰されない程度のストレスは必要です。


自分の許容出来る範囲のストレスと共存しつつ

前を向いて努力する

結果が出なくても騒がない落ち込まない


この状態で続けていれば厳しいテレアポの仕事も続けられて

結果も出せるのかも知れません。


テレアポだけではなく全ての物事についても同じことが言えます。

仕事でも人間関係でも、趣味でも何でもそうです。



ある程度の自分への負荷をかけながら

結果よりは続けることを重視する


それを続けていれば自ずと結果も出てきます。


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。