コールセンターのSVに必要なスピード感

この記事は 127秒で読めます。

質問に即答できないSV居ますよね^^;

なぜその頭の回転の遅さでスーパーバイザーを名乗ろうとしたのか…

正直来ないで欲しいので、遅いSVが近くにいる時は手をあげない等の対策をしている次第です。

分からないのにグダグタ考え続けた挙句

他のSVに聞きに行くとか、要するにお前要らないってことだろ^^;

ダメなんですよ

SVはオペレーターに何か聞かれたら即答しなきゃ

やっぱりSVは凄いなと常に思われる義務が有ります。


勿論何もかも暗記してるわけじゃないのは知ってますよ

暗記してなくてもすぐに答えを見つける手段を持っているべきですし、もしその場で答えが見つからなかったとしても、その場は今までの経験とかから答えを推測して

SV「どこにも書いてないけど〇〇って答えて良いよ!もし間違ってても俺が怒られるだけだしなんとかするから!」

このくらい言えませんか?

お客さんを待たせて怒られるのは我々オペレーターです。
すぐに回答が出来ないなら一旦電話終えて後でかけ直す様に指示すべきです。


こんな事がよくあります。

運悪く即答出来ないダメなSVが来てしまい、案の定答えが出てこない

数分考え込んだ結果、他のSVに助けを求めに行き…

10分後戻ってきたと思ったら、分かったらかけ直すにしといてもらえるかな?

え…

もう既にそうしてますけど^^;

流石に10分間保留して放置はしないことくらい分からないのかな

分からないのでしょうね馬鹿だから^^;


コールセンターのSVに何よりも必要なことはスピード感です。

まずは手あげたら走ってこい


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメント

  1. ジョキュ より:

    ダメSVのせいでクレームに発展することがあるのに何故かオペレーターの対応が悪かったせいになっているのだから開いた口が塞がりません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。