客の名前を呼びまくればYouTubeに通話録音を晒されにくい

ネタとしてコールセンターに電話して
その様子をYouTubeにアップロードするやつ

結構人気のジャンルみたいです。

もしも、我々コールセンターのオペレーターが
明らかにネタとして晒すつもり満々だなと
通話中に分かった場合の対処方法ですが

可能な限り客の名前を呼ぶ回数増やします。

編集が面倒になる

本名を連呼されると編集する手間がかかるからです。

その手の投稿って
匿名だったりハンドルネームだったりで
行わることが多いので
本名はピー音かなにかで消す必要があります。

消すにも手間がかかりますし
消し忘れがないかの心理的な負担も大きいです。

相手の名前が分からない場合は・・

自分の名前でも連呼しときますか

投稿できない内容を増やす

編集でカットしなきゃまずそうなワードを
あえて多く言うとか

黙って晒し者にされる必要はありませんので
トークスキルを駆使して、
動画コンテンツとして成り立たないように
持っていきましょう!

煽られても動じない

配信者の煽りにのると相手の思う壺なので
応戦して論破しようとかは
考えない方が良いです。

そっち系の動画を得意としている配信者は
割と話せるタイプが多く
相手の得意なペースに巻き込まれると
話のプロの我々でも、収集がつかなくなる
可能性があります。

まとめ

とにかく名前を呼ば機会を増やして
編集をめんどくさくさせれば
YouTubeで晒される可能性は低くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました