コールセンターのSVに話がねじ曲がって伝わる原因は、話を聞くことができないSVが多いから

SVに仕事のことでもプライベートのことでも構いませんが、何かを伝えようと思って話をした時、意図しない解釈をされたことってありませんか?

話を聞くことができないSVが多い

理由は、話を聞く気がなくて、自分が話すことしか考えていないからです。

何となく聞こえてきたキーワードを拾って、こんなこと言っていると決めつけてしまいます。

そんな時はあまりにも変な話に改変されていない限りは、心の中で「そう受け取ったか…まあ良いや!」

こんな感じです。

話を聞く気がない人間と話すことほど面倒で無駄なことはありません。

横綱級のひねくれた解釈

これは実話なんですが、勤め先のコルセンの朝礼で、「〇〇SVは酷い腹痛で病院に行ったので今日はお休みです。」と聞かされたんですよ。

それでその日の夜に私が近くにいたSVに「明日は〇〇SV来るんですか?」って聞いたんです。

すると…

近くにいたSVが怒った感じで「それは、どういう意味ですか?」と…

私「意味?シフトの件で話があるから明日来るのか聞いたんですけど、ほかに何か意味がありそうですか?」

近くにいたSV「いや、それなら大丈夫です。」

なぜ近くにいたSVは怒ったのか

おそらく、急病で病院に行った〇〇SVがどうせ重症で来れないだろみたいなことを、私が言いたかったと解釈したんでしょう…

頭おかしいとしか思えないのと、むしろお前が不謹慎だぞ…

とりあえず話を聞きなさい

え?

普通の会話ができない人間が、コールセンターのSVなんてできるんですか?

はい、出来てるのかは分かりませんが、“やってます!”

まとめ

コールセンターのSVは人の話をまともに聞けなくなっている人が多い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました