固定電話からは「0120」でOKなのに、携帯からは「0570」という表示をよく見かけるけど、どうして?

この記事は 136秒で読めます。

コールセンター最近の傾向として、出来るだけ電話をさせない環境構築を目指している企業が多いみたいで、ホームページの問い合わせメニューに素直にコールセンターの電話番号が載ってなくて、結構本気で探さないと出てこないことも多いです。

しかしながら、隠された電話番号だとしてもGoogleで検索すれば一発で出てきますので、それなりの人は普通に番号見つけてかけてきます^^;

新型コロナウイルスの如く何としてでも電話してくる輩の存在

ここでナビダイヤルという最終兵器が出てきます。

簡単に言えば有料のダイヤルで、値段が高い

高くても問題が解決すれば良い人もいるでしょうが、ナビダイヤルはオペレーターに繋がるまでにも料金が発生します…

繋がらないで数百円取られるとか、ナビダイヤルだと通常営業です。


ちなみに携帯電話からフリーダイヤルに繋がらない理由は、通話料が高いから

フリーダイヤルだと電話を受けた側が通話料を負担するるので、クレーマーは気軽に無料で無駄な電話を数時間とか続けられてました。

馬鹿みたいな電話の排除

貧乏なクレーマーが電話できない

企業側の通話料の負担が減る

少し考えただけでもナビダイヤルにデメリットはゼロですね

人間のオペレーターはラスボスみたいな扱いになるので業界全体の能力が底上げされるでしょうし、給料も良くなるでしょう

裏技としては、ナビダイヤルでオペレーターに繋がったら即そっちからかけ直せと言えば対応はしてくれますが、受信専用の回線だとか何とか言えば断ることも出来ます。

これからのコールセンターにはナビダイヤルは欠かせませんね

オペレーターの人数を減らされても仕事なんていくらでも有りますから、そっちの心配は要りません^^

特にここでこれを読んでくれてる人は生涯金に困ることはありません!


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。