ミュートに敏感な客

この記事は 111秒で読めます。

コールセンターのオペレーターが通話中に咳やクシャミをしたくなった場合、だいたいはミュートボタンでマイクをオフ状態にしてからします。

また、短時間で聞けそうな質問をLDにする際に押したり、中にはミュートボタンを押して客の悪口を言ったり、隣のオペレーターと雑談の続きをしたり…

コールセンターの電話には必須の機能といえます。

しかしながら、このミュートボタンに敏感な客がたまにいます。

具体的にミュートボタンを押したと指摘するコールセンター経験者と思われる輩もいれば

勝手に電話を止めてるみたいな言い回しで指摘してくる場合もあります。

たしかに通話中にコールセンター側の音声が環境音含め聞こえなくなったら違和感を感じて当然でしょうが

それをわざわざ指摘することに何のメリットが有るでしょうか^^;

本来の目的と逸脱した文句しか言わない輩は、クレーマーになる為にクレーム言ってるだけなのでまともに相手にする必要はありません

逆にミュートもしないで咳やクシャミしたらもっと怒るだろ^^;


ではミュートにしたと指摘された場合の返し方ですが

正直に言うか、ミュートなんかしてないで通す

コールセンターに電話してきて、些細なことでグダグダ文句言ってる人間なんかたかが知れてますので

雑魚相手に深く考える必要はありません


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。