アスペルガー症候群やADHDの人は、まず自分が病気である自覚をしろ

この記事は 120秒で読めます。

アスペルガー症候群やADHDは病気です。

病気を治すには現実としてどんな病気にかかっているのかを自覚する必要があります。

アスペルガー症候群やADHDの人が社会生活において辛い思いをしている理由は、彼等の言動が他人からも自分自身でも単なる性格によるものだと思われていることが多いからではないでしょうか

この人はアスペルガー症候群という病気だから、本当は相手を傷つけたいみたいな悪意は無いと理解した上で向き合えば見え方もかわってくると思うんですよ

つまり、自分の病気を理解していれば初対面の人に対して「私、アスペルガーなんで… もしかしたらキツイ言い方とかしちゃうかもしれないんですよ…でも悪意は全く無いから聞き流してくれるとありがたいです。」

みたいに自分が病気であることを認識づけることが可能となります。

なかなか難しいことなのかもしれませんが、後々人間関係で苦しむなら最初に告知しておく方が断然良いですよね(^^)

毒舌のお笑い芸人と一緒です。

キャラを理解してもらった上で仕事を含め、人間関係を築いていきましょう

それにはまず医師による正しい診断を受ける必要が有ります。

多少性格に癖があるだけで私は病気なんかじゃないぞ!

という方も居るとは思いますが

行く先々で人間関係がうまくいかない時点で病気なんですよ

昔から頑固オヤジと呼ばれる種類の人間がいますが、頑固オヤジも大半がアスペルガー症候群かADHDです。

一刻も早く心療内科に駆け込みましょう^^


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。