屁理屈は時間の無駄以外のなにものでもない

前の記事と関係のある話なのですが

契約者本人かと尋ねたら、違うと言われたので、本人以外と契約内容の話しは出来ないと伝えたところ

「じゃあ本人だと言ってたとしたても、見えてないから本当か嘘か分からないだろ」などと言い出しまして…

うん、確かに分からないよ^^;

でも今は他人だと知った時点でこれ以上はなすことは無いよね

でもこの手の屁理屈野郎にこういう話は通用しないらしく

「そんな見えてなくて分からないガバガバなら意味ないから、俺で話をしろ」とのこと

そう思うなら一回電話切って本人としてかけてこいよ^^;

コールセンターのオペレーターは確かに電話の向こうの相手の言うことをある程度根拠なく信用する必要が有りますけど

それなりの手続きになってくると、電話だけでは完結せず郵送で必要書類が有るものです。

コールセンターのオペレーターがダメと言ったらだいたいそれが覆ることはまず無いので、コールセンターオペレーターの言うことはその企業のサービスを利用するにあたっての法律みたいなものだと思った方が人生の貴重な時間を無駄にしなくて済みますよ^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました