特定の言葉がなかなか出てこなかったら吃音症らしい…

この記事は 113秒で読めます。

皆さんは言うのが苦手なフレーズって有りますか?

私の場合だと、謝罪するフレーズがそれに該当します^^;

「ごめん」とか「すいません」は普段でも使うフレーズですが

コールセンターで多用する「申し訳ありません」て、なかなか普段プライベートで使わないので、言ってて違和感を感じて、苦手意識が強いですね

この苦手な言葉がなかなか出てこなかったり、吃ったりしてしまう現象は、吃音症と呼ばれる一種の病気らしいです^^;

吃音症になる原因は様々で、脳の異常が原因の事もあれば、特定の言葉に対しての苦手意識やストレスが原因の場合もあるみたいです。

苦手な言い回しを別の言葉で代用してると、吃音症がさらに悪化するらしいので、苦手意識が有るフレーズを自分で録音して練習するなどの工夫が必要ですね

特定の状況でしか、吃音症が出てこない人も多いそうなので、ストレスによる部分が大きいのかもしれません

クレームの多いコールセンターだと、電話に出たはいいものの、第一声がなかなか出てこないとか有りそうですね^^;

その言葉を発することがストレスに繋がると脳が認識していて、その言葉を言おうとすると普段みたいにスムーズに脳から口に命令が来なくなっているみたいなイメージをすると納得ですね

私も、吃音症っぽい気がしてきたので言いにくくて避けていた言い回しから逃げずにそのまま言う様に心がけたいと思います。


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。