電話応対技能検定なる資格試験が存在するらしい^^;

この記事は 144秒で読めます。

偶然見つけたのですが、電話応対の技能を推し量る検定試験が存在する様です。

例えるなら英検とか漢字検定みたいなものでしょうか・・・

2009年にスタートした 「電話応対技能検定(もしもし検定)」は、「お客様に喜ばれるビジネス電話応対」の実現、電話応対のエキスパートとして即戦力になり得る社内の指導者の育成を目的とした検定制度です。電話を受ける、かける等の電話応対やビジネスマナー、日本語の基本知識等の従来型の「電話応対教育」に加え、場面や人によって臨機応変に応対することができるコミュニケーション能力を養い、電話応対に生かしていく「新しいコミュニケーション教育」を実施しています。


詳細は電話応対技能検定の公式サイトをご覧下さい


入門編の4級~1級と指導者レベルのS級まで有るので、もしかしたら履歴書に書くと結構アピールポイントとしては大きいかも知れません

コールセンターを極めたい人は受けて損は無いのではないかなと思います。

お金はかかりますけど^^;

こういう検定モノでハイスコアを出せるイコールコールセンターで仕事が出来るという訳では無いので

あまり過大評価すべきでは無いと思いますけど

1つの指標としては悪くないものなのではないでしょうか

英検1級持ってるけど、英語話せない人とかも存在するのがこういった検定試験の闇の部分でも有りますので

理論的な部分をこういった検定試験で学んでから実際の業務で実践してみて積み上げていくことが大切ですね


電話応対技能検定を運営している公益財団法人日本電信電話ユーザ協会

始めて知ったのですが、公式サイトを見ていると企業に対してコールセンターのコンサル(応対品質面)をする機関みたいです。

トピックスを読んでいると結構ためになることも書いてそうなので

現役コールセンタースタッフの皆さんは一度チェックしてみることをおすすめします。

私も電話応対技能検定を受けることを後ろ向きに検討してみますね^^;


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。