Twitterの呟き全消去の方法、ただしネットからの完璧な全消去は不可能

Twitterで過去の特定のツイートを削除したい

もしくは、全部消去して、一からやり直したい・・・

手っ取り早いのはアカウント削除して新しく作り直すことです。

アカウントは残したい場合は、ツイートの全削除をします。

そんな時に、便利なツールがこの2つ

黒歴史クリーナー

tweeteraser

黒歴史クリーナーは、調べによると3200ツイートまでしか削除出来無いらしいので、万単位で黒歴史を振りまいていた方はtweeteraserを併用すると良いでしょう。

Twitterが想定していない動作だとは思いますので、凍結やBANの恐れはあります。

ご利用は自己責任でお願いします。

私はだいたい3200ツイートくらいあったのですが

上記2つを併用して過去のツイート全削除を実行

1

ツイート数の表記に誤値が出ているのは、一気に消され過ぎてバグったか何かでしょう・・・

ここで注意すべきことは、これで全て消えたと思うな!!ということです。

Twitterのログをアーカイブして、保存するツイートなんちゃらとかツイなんちゃらみたいなサイトが沢山存在していますので、投稿した画像含め保存されている可能性は高いです。

また、Googleの検索結果から消えるのは、何年も先です。

ネットに自ら投下した情報を完全に消すのは難しいです。

私みたいに、YouTubeとかニコニコ動画とか色々手を出していると、情報を抹消するには、諦めて新しい名前で心気一転するしか無い状況です。

謎に検索結果にいつまでも残るのがニコニコ動画です。

とっくの昔に削除したはずの動画がGoogleの検索結果でヒットして、動画が消えてはいるものの、消されましたみたいな音声の動画として残ります。

ニコニコから動画消したかったら、先に動画のタイトルをデタラメに変えてから消さないと、消せない情報が残ってしまいます。

ネットに情報を刻むということは、タトゥー入れるみたいなものなのかもしれません。

無理に消そうとしても痕跡は残ります。

ネット上だけの活動だと名前変えて一応やり直しが出来るので、現実世界よりはマシなのかも知れませんね。

Twitterのログなんか誰も日を遡って読みませんから、定期的に消えても良いと思うのは私だけでしょうか。

SEO対策でと思って使っている方も多いと思いますが、過去のツイート経由のアクセスってほぼないです。

Twitterが効果的なのは、新規投稿を呟いてタイムラインに流れた瞬間だけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました