大手銀行を語るフィッシングメールに全力で釣られて、フィッシング被害の撲滅をしましょう!

この記事は 057秒で読めます。

三井住友銀行を語るフィッシングメールが届いたので早速アクセスして情報を入力してみました。

もちろん適当な数字ですけど・・・
住友1

乱数表の数字を全部順番に入れろと言われるので全部適当に入力

適当かどうかなんて分かる訳もないので、そのまま登録され

最後は何故か本家の三井住友銀行のサイトに飛びます。

メールから飛んだ最初のページはこんな感じで

住友2

フィッシング被害の注意を呼びかけるメッセージまで載せてあり・・・

結構工夫して本家を装おうとしています。


こういうのって、1万人に1人居るかいないかレベルのバカが本物だと信じて本当の情報を入れてしまうのを期待して送ってきてると思いますので

その1万人に1人を救うには・・・

全員が適当な数字入力してしまえば良いんですよ!

フィッシング業者もどれが本当の情報か分からなくなりますから

こういう手口が成り立たなくなって、自ずとこういった犯罪は無くなるでしょう。

皆さんも是非こういうメールを受け取ったら、積極的に釣られに行きましょう☆


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。