袴田巖さんが48年振りに釈放、警察は正義の味方じゃない

この記事は 111秒で読めます。

冤罪なのか否かは分かりませんが

これがもし冤罪なら

警察に犯人と決めつけられたら

証拠をでっち上げて犯人にされてしまうということですよね。

拷問的な取り調べで自白させたとかこの事件意外でも聞く話ですけど

警察って、実際の犯人だろうが冤罪だろうが

犯人として起訴出来たらそれでOKっていうスタンスなのでしょうか・・・

違反しやすい場所で、違反するのを待ち構えて交通違反取り締まりをしている警察も居ますから

警察イコール正義の味方ではないのは間違い有りません。

違反しそうな場所なら違反する前に、旗でも振って注意を促せって話ですよ。

盗難自転車の取り締まりも乗って走ってる自転車しか見てません

犯人を捕まえないと意味が無いので、放置自転車には見向きもしません。

自転車通勤していた時には毎日の様に警察に止められて

防犯登録の番号をチェックされました。

遅刻すると言っても折れないんですよね警察って

盗難自転車を一台でも持ち主に返す為にとかゴチャゴチャ言ってましたが

放置自転車に見向きもしない時点でその理論は破綻しています。

素直に言えば良いんですよ

自転車泥棒を捕まえたくて、怪しそうな人に声かけて調べてるって


警察は正義の味方じゃない

これは紛れもない事実です。


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。