拾ってきた画像を自分のブログに載せるのはNG?ネット上の著作権問題について

この記事は 27秒で読めます。

個人的に運営しているブログの記事に、とある芸能人の顔写真が欲しかった場合

画像検索で拾ってきた画像を掲載することは著作権侵害でNGなのでしょうか?


私なりに調べたり考えたりして出した結論として

私はこうしてるという話なので、実行するにあたっては自己責任でお願いします。

これは画像に限ったことではなく

他人のブログやニュースサイトの文章についても同様の事が言えるのですが

拾った画像や他サイトの文章を自コンテンツを作るにおいて、必要不可欠な範囲で引用するのはOKと私は判断しています。


それにはいくつか制約が有ります。

まず第一に、引用元が転載NGを謳ってる場合はそもそもからNGとなります。

そういった明確な意思表示が無い場合は

引用元の名称とURLを分かる範囲で書き添えた上で

画像なり文章を拝借することは問題ないと思います。

もちろん直接クレームが入った場合は即削除しますが

現状はこの様な運用で問題ないと考えます。

しかしながらネットというのは、引用元を記載したとしても

その引用元も違うとこから拾ってきた画像だったり文章だったりする可能性も有るわけで

相当にグレーというか、よく分からないのが現状とも言えます。

もちろん全て独自コンテンツでやるのがベストですが

芸能人の写真を自分で事務所と交渉して撮影する等は不可能ですから

ある種の必要な画像なりが有る場合は拾ってくるしか方法は有りません。

自分自身でルールを決めて引用に留めて使用して

もしも問題を指摘されたら削除する。

そうするしか無いのかなと思います。

2ちゃんのまとめサイトの様に

画像や文章の転載引用無しでは成立しないものが

一般的に認知されてるのも現実ですので

私のスタンスは大きく間違ってることは無いのかなと思います。

引用元の記載も結構難しい問題が有りまして

参照したサイトも別のサイトから引用して

さらにその引用されたサイトも

海外の記事から翻訳して引用してるだけというケースも有ります。

引用元の記載に関しても自分が見つけた範囲で記載するより他無いですね。

ソースを記載すれば何でも有りとは言いませんが

ソースとしてURLリンクを張られるというメリットが引用元にも生じるので

引用させてもらった恩は還元出来てるとも言えます。


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。