コールセンターのSVは魅せる仕事

コールセンターの管理職SV(スーパーバイザー)

この役職はけっこう曖昧でして、とあるコールセンターではSVと呼ばれてるポジションがとあるコールセンターではLDと呼ばれていたり

またその逆も有ったりとコールセンターならではのよく分からない役職です。

今回はいわゆる手上げ対応(オペレータからの質問受け)をするポジションとしてのSVについてお話します。

私の考えだとSVは魅せる仕事です。

コールセンターにおいてはオペレーターに憧れを抱かれるレベルである必要が有ります。

居るんですよヨレヨレのTシャツだったり、毛玉だらけのセーター着てるSV

手上げ対応をするコールセンターのSVってオペレーターとかなり至近距離で接する必要が有るので

オペレーターである我々は嫌でも目に入るんですよね・・・

華美である必要は有りませんけど、最低限憧れを抱かれるレベルで綺麗な格好はしておくべきだと思います。

オペレーターとSVを兼任するコールセンターの多いので、SVでも普通に電話をとることがあります。

そういった時でもやはり魅せることは必要でして

周りに居るオペレーターに「やっぱりSVやる人は電話応対も立ち回りも違うな」と思わせるべきです。

思われるのではなく思わせること

実際凄くなくても、凄く魅せる

ハッタリ感もコールセンターのSVには必要となります。

手上げ対応中に質問されて分からないことが有った場合

分からないなんて言ったらオペレーターを不安にさせるだけですので

普通に確認してくると言って他のSVに聞くなり調べるなりすれば良いのです。

隙を見せずに自分を魅せること

これがコールセンターのSVのあるべき姿です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました