オジサンオペレータについて

この記事は 26秒で読めます。

オジサンオペレーターといっても様々な人たちが存在します。



もう人生を諦めたとしか思えない50代のフリーターも居れば

私の様なオッサンになりたての30代のフリーターも居ます。



共通してることといえば、崖っぷちということなんですが

私の年代のフリーターは50代のフリーターを見て

「まだ大丈夫だ」と安心してたりします。



例えるなら、学生時代に

自分より成績の悪い同級生と比べて

自分はまだまだ良い方と納得するんい似ています。



これは一番やってはいけないことなのですが

そうでもしないと、いい歳してコールセンターでなんか

働いてられないというのが正直なところですね。



私だって20代の時の口癖は

「30代でフリーターは避けたいね」でした。

下を見て安心することはどういう場面でもダメでして



やはり上を見ないと成長には繋がりません

ただ、年齢のこととなると努力しても若返る訳でも無いです。



この年齢でフリーターであることについては

自分でなんとかすれば改善出来ることとも思います。

しかし、会社に就職して毎日朝から晩まで働くと考えると



それは無いなと思います。

そうやってズルズル今まで来たんですけどね。

50代の男性オペレータがどういう気持ちで働いてるのか

直接聞いたことは有りませんが



私が見る限り、脱力してるというか

無駄な力が入ってないというかで



私の目標とする、なにげなく仕事をこなすということが

実現出来てる人が多いです。



もはや悟ったという感じなのでしょうか。

これから違うバイトなり仕事を始めるのは厳しいでしょうし



出来るだけ波風立てず出来るだけ長く今の職場に

張り付いて居たいというのが正直な気持ちなんだとは思います。



私もあと10年でその域に達せるかは分かりませんが

ちょっとでも近づくように努力は・・・



しませんね。

よろしければ、応援クリックおねがいします☆
→今何位?人気ブログランキングへ


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。