奇妙奇天烈な苗字の人はコールセンターで働く場合面倒なことがある

この記事は 341秒で読めます。

コールセンターで働く場合、必ず自分の名前を名乗る場面が有ります。

仮にそこで、偽名を使ってもお客さんにバレることも無いのですが

ほぼ実名を言うことになります。



極稀に、フルネームを教えろと言ってくるお客さんが居ますが

私の場合、下の名前は適当に言ってます。

何故なら明かす必要の無い私の個人情報だからです

以前も何度か書きましたが、フルネームが分ってしまうと

それがちょっと珍しい組み合わせだったとした場合

facebookなり個人のブログなりtwitterなりで検索すると

トンピシャで本人の個人ページに辿りついてしまうことが有るんです。



お客さんが、興味本位で知りえたフルネームで検索をかけた結果

私の素性が知れてしまう危険性も有るんです。

それは、雇ってる側にもリスクとなると私は考えます。



個人的にやってるブログやtwitterで客がウザいだの死ねだの書いてるのを

見raれる可能性も有りますし

facebookで出身地から学歴から交友関係も知れてしまうことも有ります。



なので私はフルネームを聞かれたら適当な下の名前を言います。

客の個人情報云々を重視するなら働いてるスタッフの個人情報も

厳重に保護すべきなんです。



ちょっと本題とは反れましたが、今回書きたかったのは私のフルネームの話ではなく

珍しい苗字をお持ちの方がコールセンターで働く場合のデメリットについてです。



一言で言いますと

聞き返される確立がその苗字のレア度によって上がる です。

まあ当然と言えば当然なのですが

毎回毎回聞き返されてるオペレーターをはたから見てると

面倒くさいんだろうなー・・・と少し可愛そうに思えてきます。

ちなみに私の苗字はごく有りきたりなものです。



珍しい苗字にも色々有りまして

よくある苗字に聞き間違えられるパターン

例えば木村キムラではなく、コムラと読むなどハッキリ発音しないと聞き間違えられるなど



そもそも奇妙奇天烈過ぎて「はぁ?」と聞き返される

沖縄系の苗字に代表される、発音も表記も奇妙奇天烈なもの

具志堅という苗字は往年のボクサーのあの方が居るから知れ渡ってますが

初めて聞いたら理解不能だと思います。



もし私が毎回聞き返される苗字の持ち主だったらどうするかと考えたのですが

佐藤とか鈴木とか木村とか渡辺とか・・・

普通の苗字に変えて名乗らせてくれと管理者に申し出ます。



本当に居るんですよ毎回毎回聞き返されて

読みを一文字ずつ説明してるオペレーターが

アサガオの あ に

リンゴの り に

みたいな感じに・・・・

ただでさえストレスの溜まる仕事なのに、さらにストレスが溜まることを続けてまで

実名の苗字に拘る意味が果たしてあるのでしょうか?



まぁ無いですよね・・・



アメリカの企業のコールセンターは拠点をインドに置いて

インド人が英語で電話対応してるケースが多々有るらしいです。

勿論、インド人ですので名前はインド人っぽい名前が実名です。

しかし、彼等はお客さんに不審に思われない為にアメリカ人ぽい名前を名乗って

電話に出るそうです。



人は聞き取り憎かったり、理解出来ないことを言われた場合咄嗟に

「はぁ?」とか「はい?」と少し声を荒げて言う傾向に有ります。

これは今までの経験から思ったことなのですが

これって、一瞬ストレスを感じてるというか不快な感情の表れなんですよ。



奇妙奇天烈な苗字を言って聞き返されるオペレーターも不快で面倒くさい

聞き返すお客さんも不快でストレスを感じている



なら偽名でも普通の苗字名乗れば良いだろと

なる訳です。

よろしければ、応援クリックおねがいします☆
→今何位?人気ブログランキングへ


◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。