「○○まち?○○ちょう?」そこに拘る意味は?そもそもその違いに何か意味が有るのか

この記事は 055秒で読めます。

コールセンターは業種に問わずお客さんの住所を聴取する機会が有ります。


住所の聴取は、聞きなれない地名等も多く結構神経を使う仕事の一つです。

字(あざ)って何? 居るの??とか・・

鬱陶しい長ったらしいマンション名とか・・・

色々面倒な要素は満載なのですが

一番イラっとくるのは

復唱確認する時、○○町を

○○ちょう と読むか

○○まち と読むかになぜか拘って

私が「○○ちょう 1-2-3-506」と復唱したら

客「違います○○まちです!!」

ってそんなのどっちでも同じだろ(#゚Д゚)ゴルァ!!

ていうか、誰がどうやって

ちょう と読むか

まち と読むのか決めたのか

もしくは、どういうケースだと、まちで

どういうケースだと、ちょうになるのか

知ってる方居たら教えてください^^;


あと余談ですが、ど田舎の住所って聞くの楽で良いですよ

○○県○○郡○○6520 で終わりとか普通に有りますから




◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。