改めて深く考えてみると日本語って難しいなって思う

この記事は 145秒で読めます。

日本語は難しい・・・


自分自身もそうですが、色々なオペレーターがお客さんと会話しているのを聞いていると

明らかにお客さんに言うのに相応しくない言い回しを連発しているなぁ~とか


ぱっと聞き流すと何とも思わないけど、よく考えたらこの言い方変じゃね??とか・・・


日本語って本当に難しいですよね^^;


特にコールセンターは敬語を使いますから

敬語と謙譲語が区別つかずごちゃまぜの人や、回りくどい言い回しイコール丁寧だと思ってる人などなど・・・


枚挙にいとまが有りませんが


私含め、完璧な日本語が話せているコールセンタースタッフなんかそうそう居ないのではないでしょうか^^;


「ご申告いただけますか?」みたいな言い方ってよくオペレーターがお客さんにしてるの聞きますけど

申告って、申して告げるだから

目上の人が話す行為に使うのはおかしいですよね


でも私は日本語学者ではないのであまり断定的なことは言わないでおきます^^;


自分の声が聞こえてるかお客さんに問う時「わたくしの、お声が~」と言ってるケースや


中には「わたくしが仰ってる~」とかいうレベルの間違いを犯してるオペレーターも居ますけど


もしかしたら皆さんも、今までずっと勘違いしていて未だにとんでもない間違いを犯し続けてる可能性だって有るくらいのレベルで

日本語は難しいなと、最近つくづく思いました。


前言を覆すつもりはありませんが

私の考えるコールセンタースタッフに必要な敬語レベルは

日本語学者的な観点からみての敬語ではなく


お客さんが不快に思ったり横柄だなと感じない程度の敬語です。


中には「●●してください」という言い方が命令系だからダメだと言ってくるコールセンターも有りますけど

これ聞いてこのオペレーターは生意気に客である俺に命令してきやがる!!!と思う人なんか居ませんよね^^;

つまりはそういうことです☆




◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。