コールセンターは見るからに続かなそうな人をなぜ採用するのか・・・

この記事は 16秒で読めます。

なぜ、見るからにすぐ辞めそうな人を採用するのか?

答えは簡単です、人を増やしたいからです。


居るんですよ、見るからに絶対研修終わる前に辞めることが予想される人

未経験で入ってくる40-50代はほぼほぼ即ヤメ傾向に有ります。

求人に年齢制限を付けてはダメなのは知っていますが

コールセンター経験者ならまだしも、未経験の中年とか雇っても無理にきまっています。

採用時に、フィルタリングすることもお互いの為ですよ

闇雲に採用されたって向いてもいない仕事を覚えようとして無駄な苦労をした末に、辞めてまた違う仕事探すとか

時間の無断以外のナニモノでも無いですからね


今この場で採用して人を増やすことは無意味でして

その採用された人が3ヶ月後、戦力となれるのか?

採用担当者はその部分をよく考えて採用不採用を決めるべきです。


40-50歳にもなって経験したことのないコールセンターの面接を受けてる時点で

かなり癖の有る人間だということは明白です。

コールセンターは癖の有る人間には不向きですので

環境に適応する柔軟性を失った年代の人が全くの未経験から始めて

定着して働き続ける確率は限り無くゼロに近いと言えます。




◆◆◆あなたの質問や悩み相談にお答えします◆◆◆
こちらのメールフォームもしくは、info@cakoi.netにて受付中です。

※質問はブログにて紹介させて頂くことが有ります。
問題有る様でしたら事前にお知らせ下さい。
コールセンターにお勤めの方でも、お客さんとしてコールセンターに電話して疑問に思ったことでも何でもお気軽に♪

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。